保険の相談関連情報

HOME医療保険とは

最終更新日:2017/09/13

医療保険とは

スーツの男性

「医療保険とは何か?」
このような質問をされたとき、正確に答えることが出来る人は、意外と少ないものです。
漠然と「なにか、病院に行って治療してもらったら補償してもらえるもの?」と感覚では分かるかと。
では、がんは医療保険の適用範囲なのか?と問われたら、答えに窮してしまいませんか?
こういったことも踏まえ、現在の医療保険について、あれこれお話をしていきたいと思います。
安心することができる保険ということは間違いありませんが…しっかりと理解した上で加入することも大切になってきます。
【病気や怪我をしたときに治療費を負担してくれる保険】
冒頭で記載した通り、医療保険とは、病気や怪我をし治療を行ったとき発生した治療費を一部負担してくれる保険になります。
冒頭では、適用範囲のお話になりましたが、実は、この適用範囲、商品によって全く異なるため、明確な答えはありません。
例えば、入院した場合、入院費は支払われない医療保険と、支払われる医療保険があると言ったイメージです。
さらに、補償される金額も、医療保険の商品によって大きく異なってくる部分になってきます。
ともあれ「医療保険とは何か?」という質問があった場合、病気や怪我で掛かった治療費を負担してくれる保険という回答にはなります。
したがって、一般的な医療保険のイメージ通りというわけですね。
【がん保険と混同されることが多いけど…間違ってはいない?】
先程、説明をした通りで、医療保険とは治療費を補ってくれる保険になります。
であれば、がんの治療を受けた場合も対象になるため、がん保険も含まれているのでは?と感じるかと思います。
この考えは、正解でもあり、不正解でもあります。
商品によって、がん保険も含まれている場合もありますし、含まれていない場合もあるため、ケース・バイ・ケースになってくるわけです。
したがって、状況によっては「混同することは間違ってはいないけど…」という回答になるわけです。
【凄く広い意味になりケースによっては過剰な保険になることもある】
医療保険はとにかく適用範囲が広いため、様々な特約などが用意されています。
例えばスポーツ保険が合体し、軽い捻挫などでも補償されたりと。
当然、保険は商品のため、補償を厚いものにすればするほど、保険料が高くなってしまうことは言うまでもありません。
特に医療保険に関しては、よく利用する保険になるため、ついつい「あれもこれも」と特約を付けてしまいがちです。
しっかりと現実を見て取捨選択をしていくことが大切になります。

一覧はこちら

保険の相談ランキング

TOP