保険の相談関連情報

HOME自動車保険とは

最終更新日:2017/09/13

自動車保険とは

セールスマン

自動車保険とは何か?
「今さら何を言っているのか?」と怒られてしまうかもしれません。
それだけ知名度の高い保険商品ということになるわけです。
本当に自動車保険とは何か?とご存知ですか?
例えば、20等級で、事故を起こしてしまった場合、17等級まで下がる場合と、20等級のままの場合があるとご存知ですか?
今自動車保険は自転車の事故も適用範囲になる場合があるということもご存知ですか?
と、掘り下げていくと知らないということが多いかと。
ともあれ、以下より、この自動車保険について、色々とお話をしていきたいと思います。
【事故が多い人は保険料が高くなる保険】
自動車保険は、自動車任意保険とも言われ、必ず加入をしないといけないという保険ではありません。
したがって、自賠責保険だけ支払って車に乗っている人は数は少ないですが、実際、存在します。
では、なぜ加入をしないのか?
多くの理由が「保険料が高いから」というもの。
自動車保険の保険料は、年間20万円を超えることもあり、非常に高く感じてしまうのは致し方がないところ。
反面、年間1万円を切るような保険料の人も存在します。
この差は大きく2つで、乗っている自動車の大きさ(大きい車ほど料金が高くなる)、そして等級です。
見出しに記載した通り、事故が多く等級が低い人は、どんどん保険料が高くなってしまいます。
保険会社にとっては、それだけリスクが高い顧客になるため、多めにお金を貰っておこうと考えるのは至極当然のこと。
ということで、保険料を少しでも安くしたいのであれば、事故を起こさず等級を上げることが重要になってきます。
【対人・対物補償は無制限に絶対にしておくこと!】
自動車保険に加入する場合、1つ絶対にチェックして起きたいことがあります。
それが、見出しに記載した、対人・対物の補償額は無制限にしておくということです。
たまに1億円ぐらいあれば充分として、保険料を安くしようとしますが、絶対にやらないほうがよいです。
状況によって、1億円を超えるような請求がくることはザラにあるからです。
例えば、人身事故をしてしまったとき、大きな障害を一生負わせてしまった場合や、高価なモノを積んでいたトラックに突っ込んでしまいダメにしてしまった場合など。
それこそ、事故をおこした本人の人生が終わってしまうこともあるため、多少高くなったとしても、絶対にこの2つは無制限にしておきましょう。
最初は高いと感じるかもしれませんが、そこまで高くはならないため、意外と慣れていくものです。

一覧はこちら

保険の相談ランキング

TOP